スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャの本 その2 Book on Greece

ギリシャ 愛と詩の島
川政 祥子
4896918231


著者は、多くの国を旅した中でもギリシャが大好きで
“ギリシャ人と話すためにわたしはギリシャ語を学び、
彼らの住む土地の美しさをじっくり眺めるために絵を描いた。”そう。

旅好きとしては、それわかる~、って感じです。
素敵な国に行くと、もっと土地の人と話したくなって、
この国の言葉ができたらいいのにな~、って切実に思いませんか?
(そう思うくせに、私はまだ1つも外国語をマスターできてませんが。。)

12のエッセイ風の話から成っているのですが、どれも切ない。
読んでいると、海に沈む夕日を見ているような気持ちになります。

特に「聖人と牛」が好き。
アギア・パラシケビィというところへお祭りを見に行くのですが、
途中いろいろと困っていると、アルバニア人の兄弟に出会います。
兄弟は移民という立場で、ギリシャでは決して裕福ではない
人々なのですが、旅人を精一杯もてなしてくれるのです。

苦労も、人の温かさに出会えるのも旅の醍醐味だな~と思いつつ、
また旅に出たくなるのでした。



スポンサーサイト

テーマ : 旅の本 - ジャンル : 本・雑誌

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。