スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャの本 その1 Book on Greece

Zorba the Greek (Faber Fiction Classics)
Nikos Kazantzakis
0571203132


その男ゾルバ
アンソニー・クイン, ニコス・カザンザキス, マイケル・カコヤニス, アラン・ベイツ
B0007TFB8U


Zorba the Greek 『その男ゾルバ』。
ギリシャの文学と言えば、これでしょう。
というかこれとギリシャ神話くらいしか、ギリシャの文学で有名なものってないのでは。

舞台はクレタ島。
語り手が、ピレウスで偶然知り合ったゾルバというおじさんとクレタ島に行きます。
ゾルバはかなり奔放な、ギリシャ的な(?)性格です。
女性と食事のことを第一に考え、楽しいときは素直に楽しみ、
悲しいときには大いに悲しみ、そして独自の哲学を語ります。

そんな人間味溢れるゾルバと、かつてのクレタ島の雰囲気がよく描かれていて
なんだか自分もクレタ島の星空の下でゾルバと
話をしているような気分を味わえます。

ゾルバは、語り手のお金を使って事業を起こすとか言ったくせに
そのお金を別のことに使っちゃうとか、日本人的には
「それはありなのかな???」みたいなところもありますが、
そのカルチャーショックもまた旅の疑似体験として楽しめるのでは。

ただ小説だと、ちょっと語り手の分析的視点がうるさいので
映画のほうがおもしろいかもしれません(観たことないですけど)。



スポンサーサイト

テーマ : 旅の本 - ジャンル : 本・雑誌

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。