スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サグレスからリスボンへ Sagres to Lisbon

サグレス
Nikomat

このサグレスの小さなバス停から、一気に大都会リスボンまで北上します。
ラゴスで一度乗り換えて、そこから4時間くらいです。

車窓はずっとずっとオリーブ畑。

そして、

リスボン
Nikomat

リスボンのクリスト・レイが見えてきました。

さらに、

リスボン
Nikomat

テージョ川。

この海のように広い川を渡って、向こうに見えているリスボンに
だんだん近づいていく感じは、飛行機から街が見えてくるのに似ていて
とてもわくわくします。

前に来たときは、鉄道で北上し最後は船でテージョ川を渡るという、
こちらもレトロで素敵なルートでした。

リスボン入りは陸路・海路が断然おすすめです。



スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

TAG : 鉄道

サグレス Sagres

サグレス
Nikomat

乗ってきたバスでサグレスの町まで戻り、サグレス要塞へ。
なーんにもない道をただひたすら要塞に向かって歩きます。
他の観光客はみんなグループ、しかも車でびゅんびゅん行ってしまうので、
一人で歩くのはかなり孤独です。


サグレス
Nikomat

要塞に入ると礼拝堂や記念碑があり、エンリケ航海王子の住居も
あったようです。
でもこの荒涼とした崖の上で生活するなんて、特に夜の暗い海を
想像するとちょっとぞっとします。


サグレス
Nikomat

けれど昼間の海はこんなにきれい!
結構な高さから撮っているのですが、遠くまで透き通って見えます。
いくら眺めても飽きない景色でした。



テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

いよいよサン・ヴィセンテ岬 Cabo de San Vicente

サン・ヴィセンテ
Nikomat

ラゴスからサン・ヴィセンテ岬までは、一日2本くらいバスがあります。

サグレスの町を抜けて、岬に近づくにつれ
だんだん荒涼とした景色になっていきます。

そしてとうとう岬に到着。

サン・ヴィセンテ
Nikomat

写真ではわかりにくいですが、ものすごく高い崖になっていて
海を見下ろすと足がすくみます。
おまけにすごい風。

でも果てしなく広がる青い青い大西洋は
きれいすぎてちょっと苦しくなるくらいでした。


*こちらもサン・ヴィセンテ岬の写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。